大山行男プロフィール

profile-photo1

profile-photo2

profile-photo3

富士河口湖町富士ヶ嶺を拠点に活動する写真家。
自作のエイトバイテン(8×10)の大判カメラを使用して富士山、樹海の撮影を行っている。
2014年からは8Kスーパーハイビジョンの映像作りのため、デジタルカメラを使用してのタイムラプス撮影を始める。

独自の作風を追い求めて、常に富士山と向き合い続けている。

profile-photo4

profile-photo5

profile-photo7

profile-photo8

自作エイトバイテン(8×10)の大判カメラ。
アルミボディにヘリコイドレンズ付きカメラは空撮撮影にも使用した。
アクリル素材で自作した水中ハウジングにPENTAX 645Zを入れて撮影している。

年表

1952年
神奈川県で生まれる。
1972年
日本各地を放浪しながら、蒸気機関車の撮影を主とした写真家活動を始める。
1976年
富士山の魅力にひかれ、富士山の撮影に打ち込み始める。
1984年
銀座のニコンサロンで初の個展「富士千年」を開催する。以後多数の個展を開催する。
1985年
山梨県に転居。富士山のふもとで写真に専念する。
1990年
富士山の西、富士河口湖町富士ヶ嶺(旧、上九一色村)に自らの手で建てたドームハウスに転居し、撮影拠点とする。
1996年
エイトバイテン(8×10)の大判カメラでの撮影を始める。
2004年
エイトバイテンを使用したジェットヘリコプターからの空撮を始める。
2007年
デジタルカメラを使用して、インド及び周辺国での人物の撮影を始める。
2014年
次世代の企画である8Kスーパーハイビジョンの映像を製作するため、デジタルカメラを使用してのタイムラプス撮影を始める。

写真集/書籍

「富士山」グラフィック社 (英語版 1985年 E.P.DUTTON)
富士山
1984年
グラフィック社
(英語版 1985年 E.P.DUTTON)
「富士 神々のシルエット」玄光社
富士 神々のシルエット
1988年
玄光社
「初めての富士山」小学館
初めての富士山
1992年
小学館
「富士山 Mt.FUJI」そしえて
富士山 Mt.FUJI
1994年
そしえて
「100 Mt.FUJI 神々の宿る山」作品社
100 Mt.FUJI 神々の宿る山
1995年
作品社
「富士」毎日新聞社(新装版 2002年 毎日新聞社)
富士
2001年
毎日新聞社
(新装版 2002年 毎日新聞社)
「樹海」毎日新聞社
樹海
2003年
毎日新聞社
「宇宙の富士山」山と渓谷社
宇宙の富士山
2006年
山と渓谷社
「富士山」クレヴィス
富士山
2008年
クレヴィス
「富士詩」クレヴィス
富士詩
2009年
クレヴィス
「富士」クレヴィス
富士
2010年
クレヴィス
「大地の富士山」山と渓谷社
大地の富士山
2011年
山と渓谷社
「Mt. Fuji カムナビノヤマ」野草社(新泉社発売)
Mt. Fuji カムナビノヤマ
2012年9月
野草社
「富士山」クレヴィス
富士山
2013年4月
クレヴィス
「富士山 宇宙への連なり」毎日新聞社
富士山 宇宙への連なり
2013年7月
毎日新聞社
「おーい、ふじさん! 」クレヴィス
おーい、ふじさん!
2014年7月
クレヴィス

カレンダー

「Mt.Fuji Calendar」大山行男オリジナル
Mt.Fuji Calendar
大山行男オリジナル
「Mt.Fuji Calendar」東京印書館
Mt.Fuji Calendar
東京印書館
「Yama-Kei Calendar 美しき富士」山と渓谷社
Yama-Kei Calendar 美しき富士
山と渓谷社